rthym
RHYTHMBOXER
プログレと間違えて買ったKRAFTWERKのCDに衝撃を受け1992年頃から 自らも製作開始。
上京とともに都内クラブを中心にDJ,LIVEを始め、 ミニマルテクノ、アシッドハウス、エレクトロを中心にプレイ。
テープレーベルの主宰やパーティーのオーガナイズなども行う。
2005年のアンダーグラウンドの重要コンピレーションCDと 言われた「Ghetto Beat Pusher’s」に参加するなどしている。
現在は地元である富山に戻り、マイペースながらLIVEを中心に しながら、地元ラッパーなどにトラック提供するなどジャンルに こだわらず活動している。
また、サウンド&レコーディングマガジンに記事を提供するほどの ドラムマシンコレクターであり、現在保有台数が50台にもなる。
シンセサイザーとドラムマシンが気持ちよく鳴っていればジャンル なんて関係ないをモットーに、自分の好きな音を製作中。

2016/05/02 更新